事故後の流れ

交通事故は、突然起こります。落ち着いて行動するためにも、事前に交通事故後の流れを把握しておくようにしましょう。

こちらでは、交通事故後の流れをご説明しますので、どうぞご確認ください。

また、「交通事故に遭ったら、先に整形外科を受診したほうが良いの?それとも接骨院(整骨院)を先に利用した方が良いの?」という疑問にもお答えします。

交通事故後の流れをご紹介

パトカーと警察官

1.警察や消防へ連絡

交通事故に遭ったら、まずは怪我人がいないかを確認してください。救急車を呼ぶ必要があれば消防に連絡し、救護を優先します。怪我人がいない場合は、警察に連絡してください。

2.保険会社へ連絡

相手の住所や氏名、電話番号、車の登録ナンバーなどを書き留めておきます。事故現場の写真を撮っておくのも良いです。保険会社への連絡も忘れずに行ってください。

3.病院を受診

大怪我をしている場合は、救急車で病院に運ばれますが、目立った怪我や痛みがなくても、ご自身で病院を受診するようにしてください。事故直後は興奮状態にあり、怪我をしているにもかかわらず、痛みに気づかないことがあるからです。

整形外科と接骨院(整骨院)ではどちらを先に利用するのか

整形外科 接骨院(整骨院)
国家資格 医師 柔道整復師
対応可能な範囲 薬の処方や手術など、医療行為を行えます。 捻挫や打撲の施術など、医業類似行為を行えます。
診断 診断(診断書の作成)が可能です。 診断(診断書の作成)はできません。

整形外科と接骨院(整骨院)では、上記のような違いがあります。医師の診断は、保険の申請にも大きく関わりますので、まずは整形外科を受診することをおすすめします。

大河原駅から徒歩12分ほどの場所にあるすとれんぐす接骨院は、整形外科や弁護士と連携しています。「病院に行く前に相談がある」「保険会社との対応をアドバイスしてほしい」など、お困りの点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

腰痛や捻挫のご相談は大河原駅近くのすとれんぐす接骨院へ

説明する長谷川院長

交通事故後の流れ、「交通事故後は整形外科と接骨院(整骨院)のどちらを先に利用したほうが良いのか」という疑問にお答えしました。

大河原駅近くにあるすとれんぐす接骨院では、交通事故後の不調に対応しています。「むちうちがつらい」「腰痛がなかなか緩和しない」というお悩みの解決を目指して、丁寧にサポートします。

むちうちや腰痛、捻挫などのご相談は、こちら(お問い合わせフォームリンク添付)からお寄せください。

腰痛や捻挫などで接骨院に相談するなら大河原駅近くでおすすめなすとれんぐす接骨院へ

店舗名 すとれんぐす接骨院
代表 長谷川 昌平
住所 〒989-1606 宮城県柴田郡柴田町大字船岡字大塚25-3-102
TEL 0224-51-9883
営業時間 月・火・木・金 9:00~12:00 / 14:00~20:00
水・土 9:00~15:00
定休日 日・祝
アクセス JR大河原駅東口より徒歩12分・車で3分(大河原商業高校前)
URL https://shibata-jikochiryo.com
PAGE TOP